【支援募集中】ドイツ総選挙と世界最大のアートフェスを9月に取材しに行くことにしました!

またもや更新が滞ってしまいました。

最近は何をやってるかというと、もっぱら記事を書いています。最近書いた記事↓

チームの人数が少ないので自分の守備範囲もおのずと広くなり、いろいろなところに手を伸ばしながら仕事出来てます(広すぎて疲れることもあるが…)

しかーーし!!!

やはり私の出自はデジタルテック×政治オア社会・そしてEU。

そこに関われないのはキツい!

ということで、9月にドイツ総選挙と世界最大のアートフェス、ドクメンタとミュンスター彫刻プロジェクトを取材しに行くことにしました!

なんで行くのか

ドイツ総選挙の方は、メルケルが4期目の任期を獲得できるかが期待される選挙。極右政党AfDが躍進したりマーティン・シュルツを据えたSPD(ドイツ社会民主党)が予想外の人気を得たりと情勢は右往左往してますが、いまはメルケルが盤石の体制を敷き、CDU(キリスト教民主同盟)の勝利は確実だと言われています。

ドクメンタは5年に一度開かれる現代アートの祭典。今年は「Learn from Athens」(アテネから学ぶ)をテーマに、難民問題や金融危機など、欧州が直面している問題を取り扱ったアート作品が多く展示されていると聞いています。もちろん、デジタルアートやメディアアートのあたらしい試みにも注目!

ミュンスター彫刻プロジェクトも同様に有名なアート展。

なにをしたいのか

この計画、いろいろ見切り発車で走りだしてしまい(あとで書きますが、いろいろと問題が起こってしまった)、取材といいつつ完全に私費でいくことになります。(撃沈)

でもせっかくオモシロいイベントを3つも取材するので、どこかでなにか発表できる場があれば良いなーと思っております。

こういう企画を考えてます↓

  • ドイツのミレニアル世代のキャリア観(いま新卒〜3年目くらいの学生の友達がたくさんいるので、)
  • 最新現代アートに見る、いまの社会問題
  • なぜ日本ではドクメンタのような、世界規模のアート展が開催されないのか
  • ドイツ総選挙のメルケル支持者・AfD支持者・その他オモシロ政党支持者(「党」とか笑)
  • ドイツの右翼・左翼(もしくは保守・革新)事情を、それぞれの政党支持者から見る
  • ドイツの最新(アングラ)テック事情(スタートアップとかは取材されてる方多いと思いますが、液体民主主義系の政治系プロジェクトとか、ベーシックインカムとか、ジャーナリズム系を取材してるひとはあんまりいないので)

いつ行くのか

大体以下のようなスケジュールで考えてます。

  • 9月15日:ベルリン→カッセル
  • 9月16日:カッセル(ドクメンタ)
  • 9月17日:カッセル(ドクメンタ)
  • 9月18日:カッセル→ミュンスター
  • 9月19日:ミュンスター(ミュンスター彫刻プロジェクト)
  • 9月20日:ミュンスター(ミュンスター彫刻プロジェクト)
  • 9月20日〜23日:未定(多分ハンブルクかベルリンか、どっかドイツの街にいるはず)
  • 9月23日〜26日:ベルリン(総選挙)

私の欧州議会のドイツ議員関連のネットワークから、支持者とか政党の動き、ドイツ世論なんかはかなり詳細なところまで調べられると思ってます。

あと、デジタルアートの会社で広報としても働いてたのでアートレビューや、アートと現代社会をつなげた批評なんかもできます。

あんまり広範囲に興味あるひとがいないのでクラウドファンディングとかができないのが残念なところですが(できるかな??)、もしここらへんのトピックで、面白がってくれそうなひとがいるよー!!ってひとを知ってたらぜひTwitterかメール(emma.and.chloe.and.kate@gmail.com)まで!

スポンサーリンク
rectangle-large
rectangle-large

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
rectangle-large