EU著作権法改正の最大の争点!ジオブロッキング(Geo-blocking)とはなんだ?

先日、「EUの著作権法改正の一番の争点は?」と聞かれた。そのときは言及することができなかったのだが、あとになって大きなテーマを思い出した。

それが、ジオブロッキング(Geo-blocking)だ。

[vimeo 125066038 w=500 h=281]

ジオブロッキングとは、「ユーザーとサービス提供者の間の地理的要因によってオンラインサービスへのアクセスが拒否されてしまうこと」。日本に住んでいても、たとえばYoutubeなどを見ているとき、「このコンテンツはお住まいの地域ではご覧になることができません」などというメッセージが出て動画が見られなかった経験があるのではないだろうか。これはコンテンツ提供者がある特定の地域でしか配信を許可していないことで起こっている。

日本ではあまり話題になることはないが、EUではこれが大きな問題になっている。

たとえばドイツでAmazonプライムに登録して、その後イタリアに行って映画を見たくなったとする。いまのEUの法律ではジオブロッキングが禁止されていないため、コンテンツの提供者(映画会社)がイタリアでその映画を配信していなかった場合、イタリアではその映画を見ることができない。

「欧州単一市場」のプロジェクトによって、EU域内の「ヒト・モノ・カネの自由な移動」を完成させてきたEU。これに加え、2020年までの「デジタル単一市場の完成」を標榜するEUにとってこれはおおきな障壁だ。

欧州副委員長であるアンドルス・アンシプデジタル単一市場担当相(エストニア)は「ジオ・ブロッキングは欧州域内に残る差別である」とかなり強い口調で批判している。

いっぽうで、従来のコンテンツ製作者(出版社・映画会社…)はジオ・ブロッキングは必要だと主張している。

その理由は「ジオ・ブロッキングが撤廃されると国ごとに権利許諾を売ることができなくなる」というもの。

たとえばイギリスの映画配給会社がスウェーデンの映画配給会社に映画をオンラインで配信できる権利を売り、それがヨーロッパ中からアクセスできてしまうと、ほかの国がその映画配信権を買わなくなってしまう。また、ヨーロッパでは映画制作にかかる膨大な資金を各国に配信権を前売りすることでまかなっており、ジオ・ブロッキングが撤廃されるとその前売りができなくなり映画産業全体が縮小する、などという意見もある。

「インターネットは国境を越える」と口癖のようにいっているジュリアはもちろん、ジオ・ブロッキングは撤廃されるべきとの考え。その理由はおおきく分けてふたつ。

  • ユーザーの観点…ヨーロッパのある場所で買ったコンテンツが別の場所で見られないのは不便であり、EUの中心理念に反するという考え
  • 文化的マイノリティ保護の観点…ジオ・ブロッキングが撤廃されることによってコンテンツがヨーロッパ中のどこからでもヨーロッパの言語的・文化的マイノリティがひとびとに彼らの文化を伝えやすくなるという考え

ほかのコンテンツに先駆けて、オンライン音楽の配信に関してはすでにジオ・ブロッキングを廃止する目的のEU指令が2014年に発布している。しかしこの指令は著作権クリアランスの複雑化などあらたな問題を生み出し、問題はまだまだ山積みだ。(ちなみに私の卒論のテーマはこれだった)

EU改正著作権法とジオ・ブロッキング問題。EUはどのように解決策を見出すのだろうか。


2015年末にせまった欧州委員会の改正著作権法令の草案公開にむけて、ジュリアはジオ・ブロッキングの撤廃に向けてキャンペーンを展開している。

その一環としてジュリア・レダ事務所ではイベントを打つことになった!

その名も「Portability: Opportunities for cultural diversity?

portabilityposter

日程は12月8日。そのようすはまたブログにあっぷします。

スポンサーリンク
rectangle-large
rectangle-large

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
rectangle-large

コメント

  1. […] これは、EU域内の国境を超えたときにデジタルコンテンツのアクセスが阻害されてしまう「ジオ・ブロッキング」問題の改善を目的とした規則。その対象はNetflixやAmazonプライムなどの「登録型」オンラインコンテンツサービスに限られており、またジオブロッキングの撤廃はサービス登録者の他国への「一時的な滞在」にのみ義務化される。つまり依然Youtubeなどの登録制でないオンラインコンテンツサービスにはジオブロッキング撤廃は適用されない。また他国の長期滞在者や永住者、さらに自国内にいて他国のオンラインコンテンツサービスを享受したい言語学習者などにも依然制限がかかることになる。さまざまな点で不完全さの残る「ポータビリティ案」を、ジュリア議員は「不十分」としている。 […]

  2. […] 今回欧州委員規則案がでた「ポータビリティ」の問題が良い例だろう。ある国でコンテンツがアクセスできるのに、ほかの国に行くとアクセスできなくなってしまう「ジオブロッキング問題」。これは出版社やレコード会社がその国での正規版の提供をしていないことから起こっている。結果、ユーザーは海賊版に手を出すしかなくなり、「コンテンツを売って対価を得たい」アーティストも「ちゃんと正規版を買ってアーティストに還元したいユーザー」どちらも損することになってしまう。 […]

  3. […] ちなみに、クロスボーダーアクセスの反対語として、ジオブロッキング問題がある。これはたとえば、ドイツでは見られるあるYoutube動画が、イタリアでは権利処理がされていないために見られない、という問題だ。これによって、EU域内で旅行している人や、EU域内での短期留学生や研究者、そしてEUのある国に住みながら別の国の言語でコンテンツにアクセスしたい少数言語話者など(たとえば、ルクセンブルクにいるフランス語話者が、フランス語のコンテンツにアクセスしたいのに、コンテンツがフランスでしか権利処理されてないためジオブロックされるケースなど)が多大な不便を被っている。 […]